院内コンサート履歴

第97回 院内コンサート 2014.10.16

PM6:30開場 PM7:00開演 場所 当院2階

- ごあいさつ -

 記憶に残る残暑もないまま、どっぷり秋本番という状況になって来ました。クーラーの使用頻度もめっきり減り、お洒落をして外出するには最適な季節がやって来ました。皆さん、それぞれの秋を心ゆくまで堪能していますか?
「吉田証言」「吉田調書」に関する記事が誤報であったとして、朝日新聞が異例の謝罪会見を開きました。これまでもかなり怪しげな偏向記事を書き、他のマスメディアからその間違いを指摘され、事実を突きつけられ批判されても、頑として謝罪せず、反日的な姿勢を崩さなかったこの新聞社に今何が起こりつつあるのかは、謎です。
さて今宵97回目を迎える当院コンサート 昨年10月に続きホルンの関本さんをお呼びしました。弦楽器との協演を心ゆくまでお楽しみ下さい。
平成元年10月16日、この地に開院した当院も早いもので25年の月日が流れました。過ぎてしまえばあっという間の4半世紀でしたが、本当に色々なことがあり、記憶のページを紐解くと感慨ひとしおです。思いっきりの「笑顔」で患者さんをお迎えし、とびっきりの「親切」な対応を心掛け、病状が改善し笑顔の戻った患者さんとの間に確固たる「信頼」関係が構築出来ることを願って開院時から掲げている当院のモットー「笑顔」「親切」「信頼」を、これからも風化させることなく、しっかりとヴァージョンアップしながらスタッフ一同胸に刻んで守り続ける所存です。今後とも皆さまの暖かい御支援の程よろしくお願い致します。

- プログラム -

Ⅰ.ホルン協奏曲 第1番 ニ長調
         KV.412+KV.514  モーツァルト

Ⅱ.フォスター名曲集       フォスター

        ―休憩―
みんなで歌いましょう
「紅葉」   「翼をください」
「わたなべ整形外科テーマソング」

 Ⅲ.弦楽四重奏曲 KV.169    モーツァルト

  Ⅳ. ホルン協奏曲 第3番 ホ長調 KV.447
                 モーツァルト

-演奏家の紹介-

関 本 隆 夫 (ホルン)
1985年国立音楽大学卒業。山田桂三、大阪泰久、千葉馨の
各氏に師事。1997~1998年英国ロイヤルアカデミーに留学。
マイケル・トンプソン、フィリップ・イーストップ、
アンドリュークラーク(ナチュラルホルン)の各氏に師事。
群馬交響楽団ホルン奏者。

鈴 岡 淳 子 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス・ノバ合奏団を経て、
つくば室内管弦楽団団員。 フリーの演奏家として室内
楽等で活躍中。

  西 村 直 人 (ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学卒。高崎市在住。フリー奏者としてソロ・
室内楽・オーケストラで活躍中

小 崎 えり子 (ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、
演奏活動をしながら後進の指導をしている。

町 田 正 行 (チェロ)
 足利市出身。1992年、東京音楽大学器楽科入学。在学中、
学内オーディションに合格しオーケストラの一員として
ニューヨーク・カーネギーホールをはじめ、アメリカ各地で
公演する。1994年、フランス国内にて、オーケストラと
協奏曲を共演し好評を博す。1996年、同大学卒業。
2000年、ソロリサイタルを行ない、ソロデビューを果たす。
現在は、後進の指導の他、室内楽やオーケストラ、また、
国内外のアーティストとの共演など幅広い活動を展開して
いる。