院内コンサート履歴

第18回院内コンサート 1994.12.15

- ごあいさつ -

 朝夕の寒さに、布団の温もりを恋しく思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 12月に入って、早いもので半月が過ぎてしまいました。「師走」とは良く言ったもので、非常にあわただしい時期です。そんな中、このクリスマスコンサートが、一つのアクセントとして皆さんの心に刻まれれば幸いです。
 おかげさまで当院コンサートも18回目を迎えることが出来ました。今回は、恒例の弦楽四重奏にハープの演奏が加わります。普段あまり聞くことのない楽器なので、どの様な演奏になるか、非常に楽しみです。
 気候が厳しくなり、通院している患者さんにとっては大変つらい季節です。来院した患者さんが、満足できる適切な医療が提供出来るよう、職員一同「笑顔」「親切」「信頼」のモットーを大切にして対応してゆく所存です。
 今後共、皆様のあたたかな御指導の程、よろしくお願い申し上げます。

- プログラム -

1 ハープ演奏
 プレリュード ハインツ ムンケル
 小川 ハッセルマン
 アラベスク ドビュッシー
 古いノエルによる田園変奏曲 サミュエル ルソー

みんなで歌いましょう
「雪の降る町を」「諸人こぞりて」「エーデルワイス」

2 弦楽四重奏曲 作品125 変ホ長調 シューベルト

- 演奏家の紹介 -

阿形和子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学卒業、元群馬交響楽団。桐朋子供のための音楽教室太田分室講師。

加代康子(ヴァイオリン)
東京芸術大学卒業、高崎市在住。演奏活動をしながら後進の指導をしている。

小崎えり子(ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、後進の指導をしている。

富山節子(チェロ)
東京芸術大学卒業、前橋市在住。演奏活動をしながら後進の指導をしている。

小野ゆみ子(ハープ)
足利市出身、国立音楽大学卒業。現在、クラシック、ポピュラーなど幅広くフリー演奏活動を行なっている。