院内コンサート履歴

第51回院内コンサート 2003.3.27

- ごあいさつ -

 厳しい寒さも峠を越え、ここ3~4日、ようやく春の訪れを感じさせる日々が続いております。しかしながら花粉症の勢いは、いまだ衰えておらず、4月末位まで、個人的には外出を控える毎日となりそうです。
 ついに対イラク戦争が、アメリカ主導、国連無視で始まりました。ここに来て我々は多くの事を学びました。要約すると、国家なるものは総て、その国益を第一に考えて行動しており、単なる人道上の、あるいは正義を貫く為に外交努力を重ねている国など存在しない、と言う事かと思います。更には、欧米の政治家の「かっこよさ」日本の政治家の「みすぼらしさ」も実感したのではないでしょうか。いずれにせよ、一刻も早く平和が訪れんことを心から祈りたいと思います。
 さて今宵の院内コンサートは、ピアノ、チェロ、ヴァイオリンの協演です。さわやかな、春を告げるに相応しい曲の数々を心から堪能して下さい。
 昨年4月、10月、そして今年4月と、立て続けの医療改悪に、大半の医療機関が経営的に追い詰められております。こんな中、いつもと変わらぬ「笑顔」、さりげない「親切」な対応、そして患者さんとの強固な「信頼」の絆を頑なに守りながら、これからも地道に精進する所存です。今後とも皆さまの暖かな御支援、御指導の程よろしく御願い致します。

- プログラム -

1 ピアノ三重奏曲 作品50 ボア モルティエ
2 セレナーデ シューベルト
3 ます シューベルト
4 アヴェ マリア シューベルト
5 ユーモレスク ドヴォルザーク
6 白鳥 サン サーンス
7 ハンガリー舞曲 第6番 ブラームス

みんなで歌いましょう
「あの素晴らしい愛をもう一度」「朧月夜」「小さな世界」

8 美しき青きドナウ レスピーギ
9 きらきら星変奏曲 ボッケリーニ
10 ピアノ三重奏曲 第1番 第1楽章 第4楽章 早川正昭
12 ロンドンデリー エア イギリス民謡

- 演奏家の紹介 -

佐野茂美(ピアノ)
武蔵野音楽大学卒業。ヴァイオリン、チェロ等の伴奏者として活躍。また、後進の指導をしている。

鈴岡淳子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス ノバ合奏団を経て、つくば室内管弦楽団団員。フリーの演奏家として室内楽等で活躍中。

崎野敏明(チェロ)
東京藝術大学音楽学部、同大学院卒業。ソリストとして多数の合奏団と共演。室内楽のチェロ奏者としても活躍している。聖徳大学音楽科、同付属高校音楽科、取手松陽高校音楽科講師。