院内コンサート履歴

第81回院内コンサート 2010.10.21

- ごあいさつ -

 記録を塗り替え続けた猛暑も、彼岸の声と共に去り、一雨毎に秋の深まりを感じるようになりました。皆さま、気候の急激な変化で体調を崩しやすい季節です。体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。
 その圧倒的な経済力を背景に、世界各地で、ともすれば強引とも言える手法によって中華思想の実行に猛進する中国の前に、何の戦略も無く、ただ立ちつくすだけの日本外交。イライラの募る日々、一日も早い救国の士の登場が待たれます。
 今宵81回目の院内コンサート 一年ぶりにホルンの関本さんをお迎えし、弦楽器との協演をお楽しみいただこうと企画いたしました。ゆっくりと秋の夜長、時の経つのを忘れてご堪能下さい。
 地方都市における不況の深刻度はその臨界点を超えた気がします。一家の大黒柱が、家長としての威厳を持って生活できぬ状況が其処彼処に生まれつつあります。いよいよ最終段階に足を踏み入れたようで、とても不安です。
 厳しい社会環境の中、数ある医療機関の中から我々の施設を選んでいただいた患者さんが、最大の満足を感じていただけますよう、これからも初心を忘れず地道に努力する所存です。今後とも皆さまの暖かなご支援の程、よろしくお願い致します。

- プログラム -

I 愛の挨拶 エルガー
II ロンドンデリーの歌 アイリッシュ フォーク
III 少年時代 井上陽水
IV 弦楽四重奏曲 k.370 モーツァルト

- 休憩 -

みんなで歌いましょう
「わたなべ整形外科テーマソング」「紅葉」「赤とんぼ」

V マドリガル シモネッティ
VI ホルン協奏曲2番 k.417 モーツァルト

- 演奏家の紹介 -

関本隆夫 (ホルン)
1985年国立音楽大学卒業。山田桂三、大阪泰久、千葉馨の各氏に師事。1997~1998年英国ロイヤルアカデミーに留学。マイケル・トンプソン、フィリップ・イーストップ、アンドリュークラーク(ナチュラルホルン)の各氏に師事。群馬交響楽団ホルン奏者。

鈴岡淳子 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス・ノバ合奏団を経て、つくば室内管弦楽団団員。 フリーの演奏家として室内楽等で活躍中。

西村直人 (ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学卒。高崎市在住。フリー奏者としてソロ・室内楽・オーケストラで活躍中

小崎えり子 (ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、演奏活動をしながら後進の指導をしている。

神山浩行 (チェロ)
鹿沼出身。宇都宮短大付属音楽科から国立音楽大学に進み、現在にいたる。