院内コンサート履歴

第82回院内コンサート 2010.12.9

- ごあいさつ -

冬至を目前に控え、日が暮れるのが一日増しに早くなって来ております。この季節、夕焼けがとてもきれいです。皆さん4時から4時半頃、西の空を眺めて見てはいかがでしょうか?
 菅政権の本質を見抜き、組み易しと見た中国、ロシアが一斉に動き出しました。したたかな戦略を要する外交の場で、明らかに国益を損なう、菅総理のトンマな政治決断が目立ちます。能力のない人達に、国の舵取りを任せることの危うさを、自民党政権時代以上に痛感する日々が続きます。
 今宵82回目の院内コンサートはクリスマスを強く意識した選曲となりました。初登場のマリンバと共に心ゆくまでお楽しみ下さい。
 世界各地で繰り広げられる大規模なデモやゼネスト、政府の不当な政策に対する抗議を様々な形で表現する様子をメディアが伝える度、そのパワーに羨望を覚え、振り返って我が日本国民の無気力さに失望を感じるのは私だけでしょうか。
 平成元年の開院以来「笑顔」「親切」「信頼」のモットーを掲げ、常に「患者さんが主役の医療」を目指して活動して参りましたが、これからも更に謙虚に、患者さんの目線で、我々の仕事の一つ一つを見つめ直し、市民から選ばれ続ける組織となれるよう地道に努力する所存です。今後とも皆さまの暖かなご支援の程、よろしくお願い致します。

- プログラム -

I ディベルティメント K.136 モーツァルト
II 主よ人の世の喜びを バッハ
III マリンバ独奏  
 ギャロップ カバレフスキー
 アメイジング グレイス スコットランド民謡
 愛のよろこび マルティーニ

- 休憩 -

みんなで歌いましょう
「見上げてごらん夜の星を」 「かあさんの歌」「きよしこの夜」

IV クリスマスメドレー
 ジングルベル~サンタが町にやってくる
 きよしこの夜~White Christmas
 あぁベツレヘム~クリスマスイブ
V 星に願いを
VI タイム トゥ セイ グッバイ サルトリ

- 演奏家の紹介 -

辻田睦子 (マリンバ)
1ヤマハジュニアドラム講師。UPA(宇都宮打楽器協会) 代表。―UPA 県内唯一の打楽器合奏団。1982年結成。定期演奏会や各地の イベント、学校訪問演奏など積極的に活動している。来年2月には安部圭子先生をお迎えしてのスペシャルコンサート、10月に第24回定期演奏会を予定。

鈴岡淳子 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス・ノバ合奏団を経て、つくば室内管弦楽団団員。 フリーの演奏家として室内楽等で活躍中。

西村直人 (ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学卒。高崎市在住。フリー奏者としてソロ・室内楽・オーケストラで活躍中

小崎えり子 (ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、演奏活動をしながら後進の指導をしている。

神山浩行 (チェロ)
鹿沼出身。宇都宮短大付属音楽科から国立音楽大学に進み、現在にいたる。