サプリメント

こだわりのサプリメントの御紹介(院長一押しサプリメント)

  健康の為にサプリメントを飲んでみたいけれど、どこのメーカーの、どのサプリメントを選んだらよいのか分からない。インチキなものは飲みたくないし、困っている。あるいは今飲んでいるサプリメントは、果たしてこのまま飲み続けてもいいのだろうか。などなど、サプリメントに関する的確な情報を求めている人は、かなり多いのでないかと思います。そもそも私がサプリメントに興味を持ち始めたきっかけは、外来で多くの患者さんからサプリメントに関する質問を受けるようになってからです。あまりいい加減なアドバイスもできないので、本気になって、サプリメントについての勉強を始めたところ、個人的にも飲んでみたいと思うようになり、とりあえず某メーカーのサプリメントからスタートしました。

  しかしサプリメントに関する知識が増えれば増える程、どうせ飲むのなら最高品質のものを飲みたいと考えるようになりました。そこで日本を代表するサプリメントメーカー数社にアクセスし、その営業や学術のトップの人間に当院までお越しいただき、徹底的なヒアリングを致しました。その結果分かったことは、この分野は医薬品と違い、品質管理、効能効果も含め、いまだ発展途上であるという事でした。ちょっと鋭い質問をすると、皆さん一様に、「サプリメントは所詮、栄養補助食品ですから医薬品のような厳しい品質基準は求められておりません。」と言って、逃げてしまいます。これには個人的にかなりのショックを受け、当時飲んでいたサプリメントを一時服用中止と致しました。

  そんな中、当院副院長の福 秀二郎先生を通じ、彼の慶応高校、慶応大学当時の同級生、坪田一男先生を知る事となりました。彼は現在、慶応義塾で眼科の教授をしておりますので、ご存知の方も多いのではないか思いますが、アンチエイジングの第一人者であり、個人的にもかなり積極的にサプリメントを服用しております。彼が国内で唯一採用し、個人的に愛用しているメーカーがあると言う事で、早速担当者を紹介していただきました。これが当院でも採用することになった「ナチュメディカ」との出会いです。

  このメーカーは、日本の会社ではありますが、そのサプリメントの開発、監修を、米国における栄養療法の権威、マイケル・ジャンスンM.D.に委ね、米国での長年に亘る科学的分析や臨床経験に基づいて、ドクターが日本人向けにアレンジするという形を採っています。つまり米国の厳しいスタンダードで製造された安心、安全なサプリメントと言えるかと思います。そして担当者との 数時間に及ぶヒアリングを通じて分かったことは、このメーカーはこれまで出会った他のサプリメントメーカーとは、レベルが違うなという事でした。納得の行く、安心、安全な材料にこだわった結果、製品のラインナップは20種類程度と少なくなっていますが、このあたりにもこの会社の品質管理への意気込みを感じます。

  現在、院長、副院長は言うに及ばず、当院スタッフにも愛用者が増加中です。どうせ飲むのなら、最高品質にこだわったサプリメントを服用し、健康増進とアンチエイジングを目指そうではありませんか。

  「ナチュメディカ」のサプリメントは、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどでの店頭販売はしておりません。病院で、ドクターのアドバイスを受け、メディカルサプリメントとして、ご購入いただく形をとっております。ご希望の方は、当院スタッフまでお声をお掛け下さい

サプリメント比較表

項目 ナチュメディカ 一般のサプリ
考え方 最高の健康を手にする『最適量』。 欠乏症にならない『必要量』。
根拠 最新の医学的・科学的研究に基づく。 厚生労働省の食事摂取基準に基づく。
主要成分への
こだわり
安全性、吸収率、体内活性などを総合的に判断して選択する。 天然成分、安価など、イメージの良いセールスポイントに合わせて選択する。
主要成分以外への
こだわり
余計な成分は一切排除する。例えば、飲みやすくするための糖衣や人工香料、見た目をきれいにする着色料やコーティングはしない。 人工香料、甘味料、着色料などを使用する。
組合せへの
こだわり
相互に働きあい、かつ健康にも役立つ栄養素を組み合わせる。例えば、CoQ10とレシチンは吸収率を高くし、心臓や血管・血圧に良い効果がある組み合わせ。 CoQ10と合成の油を組み合わせると、吸収率は上がるが、合成油脂は体に害になる場合がある。

商品別比較表

商品名 商品画像 ナチュメディカ 一般のサプリ
コンドロイチン
ALAキレイ
医学文献で関節痛軽減効果が報告されているのは、コンドロイチン硫酸1,000mg+グルコサミン1,500mgまたはMSM(メチルスルフォニルメタン)1,000mg+グルコサミン1,500mgの組み合わせ。この商品にはMSM1,000mg+グルコサミン1,500mgが配合がされている。これら以外にも炎症を抑える成分を配合し、より効果が期待できる。 コンドロイチンやグルコサミンのいずれか一方が少ない。または、コンドロイチンと謳いながらよく見るとサメ軟骨エキスの量だったりする。主成分以外は相乗効果が期待できるものが入っていない。
CoQ10かむタイプ 1粒で100mgのCoQ10が摂取できる。アンチエイジングを目指す『最適量』レシチン配合でトップクラスの吸収率を実現。 1日30mg以下のものが多い。合成ビタミンEや油を使用しているものが多い。
アミノメグリィ 脂肪をエネルギーに変える効果を期待できる1,100mgのL-カルニチン配合。運動の効果を高め、疲労を軽減するBCAAを含む18種類のアミノ酸を高配合。 L-カルニチンの配合量が少ないものが多い。アミノ酸の種類や配合量が少ないものが多い。
EPA&DHA1000 高純度の魚油を使用し、高配合を実現。魚の種類・原産地も海洋汚染が最も低いものにこだわって選択している。 純度の低いものがある。値段や入手の容易さで選ぶ場合がある。
ギンコ 標準化原料(有効成分がきちんと入っているもの)を使用している。ギンコール酸を取り除いている。 標準化原料でないものもある。粗悪なものはギンコール酸除去していない場合がある。
ミル・チカラ 眼のための16種類の抗酸化物質が高配合。抗酸化作用、網膜保護、毛細血管保護、血流保護など、総合的な組合せ。 配合量や成分の種類が少ない。成分の種類が少なく、一部の目的のための組合せ。
ナチュバイタル 日本人の食事・生活習慣に合わせた21種類のビタミン・ミネラル・フラボノイドを『最適量』で配合。毎日飲むものだからこそ『安全』にこだわったものであること。 欠乏症にならないよう、『必要量』を配合。法令に違反しない範囲であればよい。
VB100 専門知識を持った人でなければならないほどの高配合商品。ビタミンB群全種類配合。 これほどの高配合商品は日本中どこにもない。医薬品でも全種類カバーしているものは少ない。
ビタミンE 原料は天然由来のビタミンE。1粒268mgの高配合。 安価な合成ビタミンEのものが多い。配合量が少ないものが多い。
ビタミンC 純度99%以上の高純度原料使用。ビタミンC以外は、酸化防止目的のビタミンB2とカプセルだけ。 天然を謳うものは純度が低い。いろんな添加物が混ざっているものが多い。

院長のサプリメント健康法 1日分

ナチュバイタル 12粒、ミルチカラ 6粒、トラネキサム酸 3粒、コエンザイムQ10(かむタイプ) 1粒
ノコギリヤシ 2粒、ビタミンBコンプレックス 6粒、EPA&DHA 6粒、ギンコ 3粒
ビタミンC 4200mg、ビタミンE(ユベラN) 3粒、エビオス 30粒、キレイな水 2.5 ℓ、緑茶 1ℓ

番外編

プロペシア 1粒 (AGA対策)、プラセンタ(JBPポーサイン)6粒、ナビジョンDR スカルプエッセンス

朝食メニュー

ヴェジタブルジュース(玲子オリジナル)、めかぶ、納豆(ねぎ、生卵)、発芽玄米、黒胡麻、味噌汁

2014年1月現在