院内コンサート履歴

第64回院内コンサート 2006.6.8

- ごあいさつ -

天候不順の5月を過ぎ、早くも梅雨入りしそうな気配ですが、皆さま如何お過ごしですか。これからも体調を崩しがちな日々が続きますが、健康管理にはくれぐれもご留意下さい。
 とめどなくあふれ出す社会保険庁の不祥事を知るにつけ、この組織は、やはり一度整理すべきであると言う実感が湧いてきます。と同時に、官僚たちの腐敗の構図はここに止まらず、ほぼ全省庁に及んでいるという、今の日本の厳しい現実に思いを馳せるたび、悔しさで体が震えます。
さて今宵64回目を迎える院内コンサートは、久々、クラリネットの登場です。生誕250周年を祝し、モーツァルト中心の選曲となっておりますが、時を忘れ、心ゆくまで天才作曲家の美しいメロディーをお楽しみ下さい。
 患者さんの窓口での自己負担を増やす事で、受診抑制を促し、医療機関への診療報酬は2年毎に下げ続ける。その結果、疲弊した医療の現場では、今後様々な形でのトラブルの発生が予測されます。このような厳しい状況の中、当院では生き残りをかけ、「ボヌール」「プラウド」という2つの組織を立ち上げ、経営の多角化に着手しました。わたなべ整形外科同様、皆さまから愛され、信頼される組織となるよう、時間をかけ、しっかりと育てて行こうと考えております。
今後とも皆さまの暖かなご支援の程よろしくお願い致します。

- プログラム -

1 弦楽四重奏曲 ト長調 k.80
 第1楽章  アダージョ
 第2楽章  ラルゲット
 第3楽章  メヌエット
 第4楽章  ロンド モーツァルト
2 ガヴォット リュリ
3 ヴィリアの歌「喜歌劇メリーウィドー」より レハール

― 休憩 ― 

みんなで歌いましょう
「琵琶湖周航の歌」
「遠くへ行きたい」
「夏の思い出」

4 クラリネット五重奏曲 変ロ長調 k.91 アレグロ モーツァルト
 クラリネット五重奏曲 イ長調 k.581
  第1楽章  アレグロ モーツァルト
  第2楽章  ラルゲット モーツァルト
  第3楽章  メヌエット モーツァルト
  第4楽章  アレグレット モーツァルト

- 演奏家の紹介 -

海鋒正毅 (クラリネット)
1966年東京芸術大学卒業。第38回日本音楽コンクール第2位入賞。1970年アメリカ留学より帰国後、演奏活動の他、東京芸術大学、千葉大学、洗足学園大学等で後進の指導に当たり、現在群馬大学教育学部教授、日本クラリネット協会副会長、東京クラリネットフィルハーモニー指揮者。

鈴岡淳子 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス・ノバ合奏団を経て、つくば室内管弦楽団団員。 フリーの演奏家として室内楽等で活躍中。

西村直人(ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学卒。高崎在住。フリー奏者としてソロ・室内楽・オーケストラで活躍中。

小崎えり子(ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、演奏活動をしながら後進の指導をしている。

富 山 節 子 (チェロ)
東京芸術大学卒業。前橋市在住。演奏活動をしながら後進の指導をしている。