診療案内 当院では、原則として院内処方を採用し、診療を行っております。

診療受付時間

  • ※専門外来を担当するドクターは、すべて慶応大学病院からのサポートとなっております。
  • ※日曜休診。木曜日・祝祭日は午前のみの診療となります。(ただし、祝日はドクター一人での診察になります)
  • ※リハビリは、午後12:00~3:00の間も受けられます。
  • ※第2、4土曜日は、手の外科の専門外来が受診できます。
  • ※第1土曜日は、リウマチ専門外来、第3土曜日は、内科一般外来が受診できます。
  • ※第3土曜日の午後は、膝関節の専門外来が受診できます。
  • ※英語での診察を希望される外国の方にも対応できます。(主に院長が対応いたします。)

保険診療

整形外科では、脊椎(せぼね)、四肢(手足)の各種疾患と外傷(けが)を担当しており、様々な原因で起こる骨と関節の障害、のみならず、それらを取り巻く筋肉、靭帯、腱、神経、血管系などの障害に対して、その診断と治療を行います。具体的には以下のような病気 ( 疾患 ) です。

様々な外傷 骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷、靭帯損傷、すり傷、切り傷、鞭打ち症、等
様々な関節の痛み・はれ 顎関節症、四十肩、五十肩、関節炎、腱鞘炎、変形性関節症、等
脊椎・脊髄の疾患 首や背中の痛み、肩こり、寝違え、腰痛、ギックリ腰、椎間板症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、等
神経・血管の病気 手足のしびれ、冷感、手根管症候群、胸郭出口症候群、など末梢の神経、血管障害
その他の関節疾患 関節リウマチ、痛風、外反母趾、等
スポーツ障害 野球肩、野球肘、肩腱板損傷、疲労骨折、等
成長期に発生する様々な疾患 脊柱側弯症、オスグッド、ペルテス、ケーラー、等
先天的な疾患 先天性股関節脱臼、先天性内反足、多指症、合指症、分べん麻痺など赤ちゃんの病気
細菌の感染によって起こる疾患 骨髄炎、化膿性関節炎、脊椎カリエス、等
骨や軟部組織の腫瘍 骨軟骨腫、骨肉腫、ガングリオン、アテローマ、等
その他 陥入爪(巻き爪)、爪白癬症、鶏眼(うおの目)、帯状疱疹、花粉症、等

花粉症治療

花粉症はアレルギーの一種で、悪化するほど治療も難しくなります。そんな花粉症の悩みを解決するために当院では市販のものとは違い、はっきりとした効果が期待できる花粉症治療薬をお勧めしております。

漢方外来始まりました

「漢方」とは、中国から日本に伝えられた東洋の伝統医学が、日本で独自の発展を遂げて完成された医学の体系です。

「漢方」の特徴は、心と身体を一体として捉え、心身のバランスを調節しながら、病気からの回復を図ることにあります。心身の状態を評価するために、「気」、「血」、「水」の考え方や、陰陽、虚実、表裏、寒熱など「漢方」独自の認識法を用いて診断を行います。このため「漢方」独特の診察法が行われます。手首の脈を診る脈診、舌の状態を診る舌診、お腹の状態を診る腹診、などです。これらの診察法で集めた情報を、陰陽、虚実などの「漢方」独自の考え方で診断します。

実際の治療には、自然の草根木皮などから作られる生薬を組み合わせた方剤が使われます。これが漢方薬ですが、現在では生薬の有効成分を抽出したエキス剤が使われていて、生薬を煎じたりしなくてもよくなっています。また、エキス剤は健康保険の適応になっていますので治療費の面でも安心です。

さまざまな疾患で西洋医学的な治療の限界が見え始めた現在、西洋医学とは違った角度から病気を見直すことのできる「漢方」が注目されています。西洋医学で十分な治療法がないとき、治療法はあるが副作用や特異体質で治療できないとき、西洋医学では治療の対象にならないときなどは、「漢方」治療を試みてよいと思います。

当面は毎週火曜日の午後を漢方外来の診察日として、スタートしますが、受診希望日の変更ついてはお気軽にご相談下さい。この機会に「漢方」外来をぜひご利用ください。

これ以外にも多くの病気 (疾患 )に対応し適切なアドバイスをさせていただきます。気軽にご相談下さい。

【接骨院・整体・カイロプラクティックとの違い】 接骨院とは?

接骨院は柔道整復師が施術を行う所です。骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷の5種の外傷に対する施術のみが認められています。慢性疾患、内因性疾患、たとえば、肩こり、腰痛、膝の変形などに対する施術は認められておりません。

【接骨院・整体・カイロプラクティックとの違い】 カイロプラクティックとは?

1895年米国でDr.パーマーにより創始された徒手的治療です。本来極めて科学的で、欧米では治療法として確立されたものですが、日本では未だ法律的に認知されておらず、いわば野放しの状況にある為、カイロプラクター間のレベルの差は深刻なものがありますので、治療を受ける施設は慎重に選ばないと危険な事もあります。

【接骨院・整体・カイロプラクティックとの違い】 整体とは?

大正以降広まった、カイロその他様々な療法を取り入れた日本独自の経験的な手技療法で、学問的にはまだ確立されておりません。

自由診療

ピアス穴あけ

ピアスの穴あけをご自身でされる方もおりますが、不適切な処置により化膿や炎症などのトラブルを引き起こす場合もあります。ピアスの穴あけは医療行為ですので、医療機関で受けることをおすすめします。当院では、ワンタッチで瞬間的にピアスの穴をあけますので、痛みも少なく、安心して受けていただくことができます。

男性型脱毛症

世界初!飲むタイプの脱毛症薬「プロペシア錠」。5年間の服用で、約90%の方に抜け毛の進行抑制、あるいは改善効果が認められている画期的な薬剤ですが、副作用の発現頻度が極めて低く、とても安全な薬剤と言えるでしょう。

予防接種

企業や団体様向けのインフルエンザ予防接種を実施しております。インフルエンザ患者と接する機会が多い、集団流行を受けやすい(医療関係者、保育、幼稚園、学校関係者など)、等、インフルエンザの予防接種をお勧めしております。

ED治療薬

整形外科の一般診療の患者さんとは別ルートですので、医師とマンツーマンの簡単な問診のあと、来院から約10分程度ですぐお渡しできます。健康保険証は必要ありません。予約不要で、1錠のみでも処方できます。

美容点滴5種

不足しがちな各種ビタミンや栄養素を手軽に取ることができ、美容点滴によって身体の内部から美しさの手助けをします。 体の機能を整える事ができ、体がだるい、調子が悪いなどの症状にお悩みの方にお勧めしております。

ニンニク注射

最近疲れがとれない、肩こりの悩みにはニンニク注射をお勧めしております。スポーツ選手が受けていることで有名になったニンニク注射は、神経や筋肉の働きを良くし、ビタミンB1の吸収作用の持続力を高め、新陳代謝を高めます。

プラセンタ注射

プラセンタとは、人の胎盤から抽出したエキスのことです。その成分はタンパク質や酵素、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど人間にとって欠かせない成分が100種類以上も含まれています。

平成26年度・特定健診のご案内