院内コンサート履歴

第78回院内コンサート 2009.12.17

- ごあいさつ -

木枯らしが吹き、日増しに寒さも厳しさを増しております。皆さま健康管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。
しがらみ抜きで誕生したはずの鳩山民主党政権でしたが、ふたを開けてみると連合を中心とした様々な団体への過剰な配慮や、閣僚個々の能力の低さ、アイデアの乏しさ、党首の優柔不断などもあり、我々が当初期待したほどの成果は上がっていないようです。そうは言っても自民党時代よりは、多少マシかと、ため息の目立つ今日この頃です。
さて今宵78回目を迎える院内コンサート クリスマスを意識した構成となっております。弦楽四重奏の息の合った演奏を心ゆくまでお楽しみ下さい。
昨年のリーマンショック以来、底知れぬ不況の嵐が吹き荒れ、如何にしてこれに耐え、そして乗り越えることができるかが我々にとって大きなテーマとなっております。こんな中、自分さえよければと、自己中に陥らず、常に心にゆとりを持って周囲の人たちに優しく接することができるか、今こそ我々一人ひとりに問われているような気がします。
民主党になって多少改善されるかと期待しておりましたが、どうも政府は大局を見失っており、この国の社会保障のレベルはこれからも、とめどなく下がり続けそうで心配です。こんな中、我々にできることは限られておりますが、開院以来掲げている「笑顔」「親切」「信頼」のモットーを風化させることなく、愚直に実行してゆくよう、職員一同努力する所存です。
 今後とも皆さまの暖かなご支援の程、よろしくお願い致します。

- プログラム -

I アヴェ・ヴェルム モーツァルト
II アレルヤ モーツァルト
III クリスマス・コンチェルト コレルリ
IV アリア ポーション
V エンジェル・ガブリエル スチュアート

- 休憩 -

みんなで歌いましょう
「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」 「きよしこの夜」

VI メヌエット ミハエル・ハイドン
VII 弦楽四重奏曲 作品76-5 ニ長調 ヨゼフ・ハイドン

- 演奏家の紹介 -

鈴岡淳子 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部卒業。アルス・ノバ合奏団を経て、つくば室内管弦楽団団員。 フリーの演奏家として室内楽等で活躍中。

西村直人 (ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学卒。高崎市在住。フリー奏者としてソロ・室内楽・オーケストラで活躍中

小崎えり子 (ヴィオラ)
国立音楽大学卒業、元群馬交響楽団。足利市在住、演奏活動をしながら後進の指導をしている。

富山節子 (チェロ)
東京芸術大学卒業。前橋市在住。演奏活動をしながら後進の指導をしている。